会則

お茶の水女子大学被服学関連学科同窓会「すおうの会」会則

Ⅰ 総則

1 本会は会員相互の親睦をはかり、情報の収集・交換を通して会員の生活及び社会活動の質的向上に寄与することを目的とする。

2 本会はお茶の水女子大学被服学関連学科同窓会「すおうの会」と称する。

3 本会の事務局は当分の間、お茶の水女子大学生活科学部人間生活学科323研究室内におく。

4 本会は前記の目的を達成するため次の活動を行う。

 1)総会の開催  2)会員名簿の管理

 3)会報の発行  4)研究集会、講演会、 その他の集会  5)その他必要な活動

 

Ⅱ 組織

1 本会は、東京女子高等師範学校家政科被服選修、お茶の水女子大学家政学部被服学科および大学院家政学研究科被服学専攻、生活科学部生活環境学科生活工学講座、人間・環境科学科、人間生活学科生活文化学講座、大学院人間文化研究科、大学院人間文化創成科学研究科の被服学関連の卒業生及び修了生で、所定の入会手続を経た者をもって組織する。

2 本会を運営するために、次の役員をおき、役員会を組織する。

 1) 会長1名 2) 副会長3名 3) 運営委員20名程度   4) 監事2

3 次期会長、副会長、運営委員および監事の選出に当たっては、役員会で候補者を人選した上で、総会の承認を受け、決定する

 ただし、会員の連携を図るために運営委員の選出に当たっては、卒業年度を 5年程度ごとに1区画とし、原則として各区画からの1名を含むこととする。

4 会長は本会を代表し、会務を統括する。

5 副会長は会長を補佐し、必要に応じて会長の職務を代行する。

6 運営役員は、それぞれ総務、財務、広報を担当しその責務を果す。

7 監事は会の運営および会計について監査を行う。

8 役員経験者を顧問とすることができる。顧問は役員会から要請があった時には役員会に出席するが議決権を有しない。

9 本会役員の任期は2年とする。再任は妨げない。

10 本会は支部を持つことができる。

 

Ⅲ 運営

1 役員会は会長が招集し、事業計画、予算、その他会の運営に必要な事項を審議する。監事は役員会に出席して意見を述べることができる。但し、決議には加わらない。

2 総会は通常、2年に1回開催し、役員の承認および本会の活動全般について報告、審議、決定を行う。ただし、1年経過時点で活動全般について会員に報告する。

3 本会の運営経費は会費、寄付金、その他による。

Ⅳ 会費

1 会計年度は2年毎とし、4月1日~翌々年の3月31日までとする。

2 会費は2年毎に2,000円とする。途中入会等の会費については別途定める

Ⅴ 会則の変更

 この会則の変更は役員会および総会において、おのおの出席者の3分の2以上の議決を経なければならない。

 

附則

1 この会則は、平成2266日より施行する。

2 この会則は、平成2661日より施行する。