MENUCLOSE
すおうの会について
会 則
第1章 総 則
【名称】
第1条
本会はお茶の水女子大学被服学関連学科同窓会「すおうの会」とし、略称を「すおうの会」とする。
【設立】
第2条
本会の設立は、平成22年(2010年)6月6日である。
【事務局】
第3条
本会の事務局は当分の間、お茶の水女子大学生活科学部人間生活学科323研究室内におく。
第2章 目的及び事業
【目的】
第4条
本会は会員相互の親睦をはかり、情報の収集・交換を通して会員の生活及び社会活動の質的向上に寄与することを目的とする。
【事業】
第5条
本会は前記の目的を達成するため次の事業活動を行う。
(1)総会の開催
(2)会員名簿の管理
(3)会報の発行
(4)研究集会、講演会、その他の集会
(5)その他必要な活動
第3章 会 員
【会の構成員】
第6条
本会の構成員は、東京女子高等師範学校家政科被服専修、お茶の水女子大学家政学部被服学科および大学院家政学研究科被服学専攻、生活科学部生活環境学科生活工学講座、人間・環境科学科、人間生活学科生活文化学講座、大学院人間文化研究科、大学院人間文化創成科学研究科の被服学関連の卒業生及び修了生で、所定の入会手続を経た者である。
【経費の負担】
第7条
この会の事業活動に経常的に生じる費用に充てるため、会員は事業年度毎に2,000円の会費を支払う。
【任意退会】
第8条
会員は、任意にいつでも退会することができる。
【会員資格の喪失】
第9条
前条の場合のほか、会員は次のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
(1)当該会員が死亡し、もしくは失踪宣告を受けたとき。
(2)会費を継続して4年以上滞納したとき。
第4章 総 会
【構成】
第10条
総会はすべての会員をもって構成する。
【権限】
第11条
総会は次の事項について決議する。
(1) 役員の承認
(2) 会長、副会長、監事の承認
(3) 収支決算書の承認
(4) 会則の変更
(5) 解散及び残余財産の処分
(6) その他総会で決議するものとしてこの会則で定められた事項
【開催】
第12条
総会は、定時総会として2年毎の事業年度終了後の3か月以内に1回開催するほか、必要がある場合に開催する。
【招集】
第13条
総会は、役員会の決議に基づき会長が招集する。
【議長】
第14条
総会の議長は、当該総会において会員の中から選出する。
【決議】】
第15条
総会の決議は、出席した会員の過半数をもって行う。
【議事録】
第16条
総会の議事については議事録を作成する。
議長及び議事録署名人2名(出席した役員の中から選出)は前項の議事録に記名押印する。
第5章 役 員
【役員】
第17条
この会に次の役員を置く。
1) 会長1名
2) 副会長3名以内
3) 運営委員20~30名程度
4) 監事2名
【役員の選任】
第18条
会長、副会長、監事は、役員会により選出された候補者を総会の決議によって選任する。
この会の運営委員は、会員の中から役員会により選出された候補者を総会の決議によって選任する。
ただし、会員の連携を図るために運営委員の選出に当たっては、卒業年度を5年程度ごとに1区画とし、原則として各区画からの1名を含むこととする。
【役員の職務及び権限】
第19条
役員は役員会を構成し、職務を執行する。
会長は本会を代表し、会務を統括する。
副会長は会長を補佐し、必要に応じて会長の職務を代行する。
運営委員は、それぞれ総務、財務、広報を担当しその責務を果す。
監事は会長、副会長及び運営役員に対して事業の報告を求め、この会の業務及び財産の状況の調査をすることができる。
【役員の任期】
第20条
役員の任期は2年とする。再任は妨げない。ただし、会長または副会長の再任は連続して2期までとする。
第6章 役員会
【構成】
第21条
本会に役員会を置く。
役員会は、会長、副会長及び運営委員をもって構成する。
監事は役員会に出席して意見を述べることができる。但し、決議には加わらない。
【職務】
第22条
役員会は、事業計画、予算、その他会の運営に必要な事項を審議する。
【招集】
第23条
役員会は会長が招集する。
会長が欠けたときまたは会長に事故があるときは、副会長が役員会を招集する。
【決議】
第24条
役員会の決議は、出席した副会長及び運営委員の過半数をもって行うものとする。
賛否同数の場合は、会長が決議する。
【議事録】
第25条
役員会の議事については議事録を作成する。
第7章 支 部
第26条
この会は各地域における事業を円滑に推進するために必要あるときは、総会の決議により支部を置くことができる。
支部の新設及び解散は、総会の承認を受けるものとする。
第8章 資産および会計
【事業年度】
第27条
この会の事業年度は、2年毎とし、4月1日~翌々年の3月31日までとする。
【事業報告及び決算】
第28条
この会の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後、次の書類を作成し、監事の監査を受けた上で、総会の承認を受けなければならない。
(1) 事業報告書
(2) 収支決算書
【事業計画及び収支予算】
第29条
この会の事業計画書、収支予算書については、役員会の決議を経て総会の承認を得る。
第9章 会則の変更
【会則の変更】
第30条
この会則は、総会において、出席者の3分の2以上の議決を経て変更することができる。
附則
1 この会則は、平成22年6月6日より施行する。
2 この会則は、平成26年6月1日より施行する。
3 この会則は、平成28年6月11日より施行する。
4 この会則は、平成30年6月9日より施行する。